ヘッダー画像

いつから物忘れが激しい?早期対策をスタートしましょう

知り合いなのに名前が思い出せない、物忘れが最近激しいと言うことは年齢が高くなってくれば日常生活の中で自然にあることです。

しかしこのような状態があまりにも長く続いたり頻繁に起こってしまうことで認知症と言う病を心配するかと考えます。

物忘れや名前が出てこない場合でも早期対策をしていくことで治すことができるのです。

それは物忘れが激しい時や名前が出てこない対策としては、まず脳を使うことをしていきましょう。

今は手軽に使えるスマホと言うものがあります。

これは単位指を動かしているだけで文章がでてきますが、文章を実際自分の手で書くようにするのです。

用意するのは紙と鉛筆、または普段の予定を管理するスケジュール帳でも良いでしょう。

物忘れが激しい場合には、スケジュール帳やカレンダーでもいいですのでなんでもメモを取るようにします。

物忘れが激しい方はメモを取ることも対策の一つ

字を書くことで脳を刺激しますし、書いた文字を目で確認することも脳に刺激を与えます。

人間が持っている五感を刺激するような行動をとることで物忘れが激しいなどの症状を防ぐことができるのです。

また、クロスワードパズルのような簡単にできるものを時間があるときにするようにするだけでも、脳に良い刺激を与えます。

楽しみながらものを考えることが物忘れしないためには大切です。

時間がある時にはできるだけ外に出るようにしましょう。

そして友達との会話を楽しみます。

いろいろな人と話をする中でも物忘れが激しい、思い出せないこともあるでしょう。

そこで思い出すちょっとしたコツはそのもののイメージを頭の中に描いてみるのです。

物忘れではっきりしなくてもおおよそでも構いませんので思い描くことでそれが物の名前になって言葉として出てきます。

物忘れが激しい時は運動や刺激も対策になります

物忘れが激しいと家族や周りの人から指摘を受けてしまうことや、自分自身でそうした状況が多くなるにつれて不安になってしまうものです。

これが俗にいうストレスになります。

悩みを抱えっぱなしと言うことが物忘れがへ夏至い時の一番精神的に良くないものになります。

そのようなときは、買い物をしてみても良いですし、何か好きな映画を観に行ってもいいですね。

他にも美味しいものを食べたり好きなことを心行くまで行うことでだいぶストレスも発散されるものです。

毎日の生活は仕事をしていれば規則的に行動するものですし、定年を迎えた人でしたら自分のための時間はかなりあると思います。

どちらにしても物忘れは時間の使い方を少し工夫することで日常のマンネリ化した生活が変化して刺激になります。

自宅と職場との往復だけではなく、仕事帰りに体を動かしにジムに行っても良いものです。

また定年した方は、地域の活動に参加したりすることで、コミュニケーションが取れますし新しい発見もあるでしょう。

こうして日々の生活に少しだけ変化を与えるだけでもだいぶ違ってきますし、物忘れは生活にメリハリが出てきます。

物忘れが激しい方は食事や栄養で対策を

だらだらと時間を過ごすよりも、何かをやっていた方が楽しいですし、物忘れが激しい方の脳にも良い刺激になります。

今は健康志向が広がっていますので血液サラサラになるように青魚を食してみたり野菜中心に食事を変え肉中心の食事から大豆などを含めた食生活の改善をしていくようにしましょう。

とかく多いのが物忘れが激しい中でも、名前が出てこないといった症状です。

テレビをみているときなどにとっさに名前が出てこない時や、会話の中で相手の名前が出で来ない場合もあります。

しかしすぐに思い出すことができる場合はそれほど心配することはありませんが、長い時間思い出せない状態が続き、さらにその忘れてしまったことさえも忘れてしまっている時には認知症も疑った方が良いです。

名前忘れが老化や加齢が原因の場合なら認知症に繋がってく可能性も少なくないのです。

人間と言うのは年齢を重ねていくことで、様々な所にその影響が出てくるものです。

自身で意識して何らかの物忘れが激しい対策をしている人は、年齢よりも若く見えますし、脳も活性化されています。

名前が出ない対策には初めて会った人の場合には、必ずその日就寝する前に名前を思い出してみるのです。

記憶力を高めると言った方法ですが、このように何度も何度も繰り返すことで、名前を覚えることができます。

子供のころに勉強方法として行ったこともあるかと思いますが、反復練習をしていくのです。

一度では覚えられないことも何度も口に出しておこなっていくことで、その声が耳からも入り脳に信号を出しますし、物忘れしないように文字で書きながら声に出すことでも良いでしょう。

繰り返し行うことで、物忘れすることなく記憶力が安定するものです。

また、単に名前だけを覚えるのではなくてその名前を思い出す時に相手の顔も思い出します。

顔と名前を関連付けて物忘れしないように一緒に覚えましょう。

普段毎日できる事で物忘れが激しい方は忘れないように対策を

名前の覚え方も人それぞれ方法がありますが、物忘れが激しかったり名前が出ない対策も何かしら自分の覚えやすいように関連付けていくことで記憶としてとどまるものです。

人間は言葉や目で見たものを覚えるときにはイメージして覚えることで、覚えづらいことでもスムーズに頭に入ってきます。

何らかの対策をとっていることで、名前がでてこないといった症状も抑えることができますし、予防にもなります。

これは意識して続けていくことが一番大切なことになります。

物忘れや名前が出てこないと言った症状は、普段あまり脳を使わなくなって起こることもありますし、運動をしなくなったために脳が活性化されなくなってしまう場合もあります。

年を重ねるごとに人に会うのがおっくうになってしまう場合もありますし、話すことも煩わしくなってしまう場合もあります。

目から見た情報を何も考えずにそのままにしておけば、刺激にもなりませんしその情報もそのまま抜けていってしまいます。

目や耳で得る情報は様々な方法で記憶として残しておくことができますし、運動などで脳を刺激することで認知予防にもなっていくのです。

そのものの名前に興味がなければ覚えることもないと思います。

しかし物忘れがへ夏至くて名前は憶えていなくても顔は認識できるものなのです。

せっかく顔を知っているのに名前がわからない、出てこないといったことはさみしいものです。

日ごろから脳を活性化させて、物忘れをしないように老化防止対策を自分でとっていくことをしましょう。

20代や30代で物忘れが激しい全く名前が出てこない場合は要注意

年齢のせいにして物忘れが激しいのに何もしないのでは脳も体も退化していくだけです。

軽く体を動かしながら何か楽しいことを思い浮かべるだけでもだいぶ違います。

まず認知症などの症状を疑うよりも、出来ることを行って行きましょう。

少しの改善で症状が良くなればそれが一番良いですし、それでも改善されない場合には医師の診断を受けることも物忘れが激しい時は頭に入れておくことです。

また、外に出て人と会うことで話が弾むこともありますし、楽しい時間を共有することでその記憶が鮮明に脳に記憶されます。

過去の記憶が話の中でよみがえることもありますので、様々な場に出かけていくこと、積極的に行動していくのも一つの方法になります。

記憶がないものでも単に忘れているだけで、いろいろな物事を経験することでよみがえり、物忘れの激しさが軽減されていく場合もありますし、その原因が何かを知ることができます。

いつまでも改善されない場合は病への疑いを持った方が良くなります。

会話が少なくなることでも思い出せない場面が多くなってしまいますので、コミュニケーションは特に人間が生きていくことで大切なものになります。

話し相手がいなくても、なんでも口に出して生活していくことで、耳で覚えることが自然にできますので、物忘れしないように工夫しながら毎日生活をしていくようにしましょう。

物忘れが激しい時はそれが名前が出ない対策になる場合や症状の予防や対策になっていくものです。