治験ボランティア募集

ヘッダー

治験ボランティアは運がよければ超楽な仕事?

治験ボランティアという物をご存知でしょうか。

新薬実験は私たちの生活に無くてはならない物なのですが、あまり知られていません。

その為誤解されている部分も多いので簡単に説明させて頂きますと、新しい薬を作って、動物などで実験を重ねた結果、最終段階まで到達したお薬を最終チェックとして人体でテストする時に自分の身体を使ってテストさせてくれるボランティアの事を言います。

臨床試験のバイトという単語ですとボランティアですので無償で行われるようなイメージがあるかも知れませんが、アルバイト代としてではなく、治験を手伝ってくれたお礼という形で謝礼が贈られるため、アルバイトという形とは厳密には違うかも知れませんが、お金を短期間で稼ぎたい大学生やフリーターの方が多く働いているアルバイトになります。

治験ボランティアは最終チェックをする薬によって内容が大きく異なってきます。

昔からある治験ボランティアでいくら貰える?

血圧を下げるお薬であったり、湿布やダイエット食品などのチェックなどあります。

新薬実験の中には一ヶ月程度施設で過ごすような長期的なアルバイトも存在しています。

薬の種類、拘束期間の長さ、人気などによって謝礼は大きく変わっており、男性向けの臨床試験のバイトや女性向けの臨床モニターはもちろん、年齢が高い物や20代限定など様々です。

もちろん治験アルバイトは全国で行われておりますので、治験ボランティアはその土地によって種類が偏っているような物もあります。

ここまでの話の内容を理解して頂いた方の中には、人体実験のようで怖いと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、簡単に言えば製薬会社が新製品や過去に販売したお薬のジェネリック医薬品等を発売するためには国からの認可を得なければなりません。

認可を得るために必要なのは、新薬を一定数利用した人の利用実績、つまり治験ボランティアのモニターの数になるのです。

製薬会社も危険性の高いお薬を人間に試したりはしません。

女性でも治験ボランティアのバイトはできる?

ここまで積み上げてきた実績も最終段階のモニターでほんのわずかでも問題が出たら販売できませんので、厳重な注意の上モニターをしてもらいます。

投薬の前にはしっかりと状態の検査を行いますし、投薬後もしっかりとモニターを行いますので危険度は0とは行きませんが限りなく0に近いと言えます。

治験ボランティアの中でも最近特に増えて来ているのがジェネリック医薬品のモニターです。

ジェネリック本来の意味は「一般的な」という意味になります。

実は女性の治験ボランティアもかなり増加しています

つまりジェネリック医薬品とは、新薬と登場した薬が長い年月を経て多くの方に利用されていて、男性への効能や安全性が確立された医薬品の事をジェネリック医薬品と言います。

ジェネリック医薬品は、過去に販売された安全で効能が確立されている薬を新たに作り直した物になります。

新薬実験はジェネリック医薬品は医療費削減の効果があると期待されています。

それはなぜかというと、治験ボランティアは制作する費用を極端に抑える事が出来るために、販売価格を正規品よりも低く抑える事ができるからです。

なぜ正規品と比較して販売価格を低く抑えられるのかというと、薬自体の成分はほぼ同じですが、開発するお金が必要ないからです。

新薬の販売に最も多額のお金が必要になる部分は開発費です。

これまでにない新しい薬の開発には10年から15年ほどの歳月と数百億円以上の開発費用がかかるのが一般的なため、治験ボランティアも販売価格にはこれらの費用を上乗せした価格での販売になります。

しかし、臨床モニターはジェネリックの場合には、すでに販売されているお薬を流用できる部分もおおく、女性向けの治験ボランティアではゼロベースでの開発ではありません。

その為、驚くほど安い金額で量産する事が可能となっているのです。

治験ボランティアをする条件は健康であること

治験ボランティアの多くが、このジェネリック医薬品の臨床モニターです。

ジェネリック医薬品ですので、過去の評判や評価は折り紙つきなのですが、新薬と同様の安全性が求められます。

国から指定された安全性をクリアする事が出来なければ販売する事はできません。

最新の医薬製造理論に則った製造を行っている薬の新薬実験が必要なのはこういった理由からです。

治験ボランティアで使用される薬の種類は大きく分けて三種類あります。

比較的、期間が長い治験ボランティアの方が報酬が良い

一つ目は、先ほどご説明した通り、すでに販売されている薬と同じ成分の新薬、つまり男性のジェネリック医薬品の治験モニターです。

他社で販売されていた薬の特許が切れた物を同一成分で制作した薬だとはいえ、しっかりと新薬実験での結果を提出し、厚生労働省に認可を得なければいけない為です。

二つ目は、外国で市販されている新薬の治験ボランティアです。

外国で多く流通しているため、安全性は問題ないと思われるような新薬も日本で販売する為には、日本の法律に則って日本の基準でも安全性の実証が必要になります。

その為、臨床モニターに謝礼を支払ってでも実績を作成する必要があるという訳なのです。

三つ目は、女性の新しく開発された新薬の治験ボランティアです。

実はリスクも大きい?治験ボランティアでのデータは?

研究開発の結果、これまで無かった薬が新しく完成し、治験ボランティアはその有効性が見込まれるものについて、それを新薬として一般に発売するために臨床モニターを行い、厚生労働省の認可を得る必要があるのです。

その為、治験ボランティアには三つの種類の新薬実験があるという事です。

危険な治験ボランティアは本当に少ない?

臨床試験の男性のバイトは外国で市販されている新薬、ジェネリック医薬品、女性向けの新薬の三種類の薬のいずれかの薬を使用する可能性がありますが、実際にはほとんどの場合が、外国で市販されている新薬、ジェネリック医薬品の二種類になります。

その為、治験ボランティアを行った時の危険度はかなり低い物になっております。

もちろん新薬の治験ボランティアを全く募集しないというわけではありませんので、新薬の臨床モニターの募集も中にはありますが、新薬実験の実施にあたっては、ボランティアに参加する人たちの安全が厳しく守られていますので安心してください。

実は大変?治験ボランティアの体験談とは

治験ボランティアを募集しモニターになってもらうためには、国が臨床モニターで使用する新薬に対し、GCPと呼ばれる厳しい安全基準を定めている物をクリアしている必要があります。

全くないとは言えませんが、もし仮に新薬実験を行った際に副作用などが出てしまった場合には、国が最後まで保障してくれますので問題ありません。

とは行っても副作用など出るような事はほとんどありませんので心配しなくても大丈夫です。

治験ボランティアをする際に注意しなくてはいけない事

男性の新薬実験は、アルバイトとしてもコストパフォーマンスの高いアルバイトだと言えますが、女性もそれ以上に日本国内に住んでいる人の手助けになるとても立派なお仕事だと言えます。

しかも糖尿病や高血圧、肥満症、AGA、ニキビなどに悩んでいる方は、それらの治療薬の新薬実験に申し込めば、最新の治療薬と最新の治療を専門医の指導の下で無料で受ける事ができる他、逆に謝礼などを貰う事ができますので、他のアルバイトと比較した場合のメリットはかなり大きい物だと言えます。

これまで治験ボランティアというと間違った内容や怖いというイメージばかりが先行してしまってどうしてもマイナスなイメージが付いている事もありますが、これから先、アルバイトを探している方の中で、泊まり込みでもいいからなるべく短期間でまとまったお金が欲しいという方にこそおすすめしたいアルバイトとなっております。

これまで新薬実験によい印象を持っていなかった方も、イメージにとらわれ過ぎずに、お近くの臨床モニターを募集している場所を見つけて、募集している内容をチェックしてみてください。